1. HOME
  2. MEDIA
  3. 国内スタートアップ想定時価総額ランキング最新版(2020年9月)

国内スタートアップ想定時価総額ランキング最新版(2020年9月)

アストロスケールホールディングスが10位に浮上、Mobility Technologiesはユニコーンへ近づく

2020年9月の想定時価総額ランキングでは、2020年8月前回のランキングで14位だった、スペースデブリ除去サービスに取り組むアストロスケールホールディングスが10位へ浮上。想定時価総額を483億円から229億円増加させ、712億円となっている。

また、2020年9月現在、国内のユニコーン企業数は7社である。8位にランクインしているモビリティDXカンパニーのMobility Technologiesは、2020年8月の想定時価総額が826億円だったのがおよそ993億円に増加し、上記7社のユニコーン企業を除くと最もユニコーン企業に近づいたことがわかる。

引き続きトップは、ディープラーニングの研究やロボット開発などを手がけるPreferred Networks。同社は2位以下に続く、クリーンエネルギーの研究を行うクリーンプラネットニュースアプリ「SmartNews」の運営を行うスマートニュースと想定時価総額で比較すると、およそ3倍の規模を有する。

ティアフォーがSOMPOホールディングスとの資本提携を発表、累計資金調達額は約222.7億円に

累計資金調達額をみると、トップがMobility Technologiesが395.2億円、次いで人工合成クモ糸「クモノス(QMONOS)」の開発を手掛けるSpiberが355.8億円、カンタン決済サービス「Paidy」を提供するPaidyが303.5億円となっている。

また、世界初のオープンソースの自動運転OS「Autoware」の開発するティアフォーが、約222.7億円の資金を集めている。2020年8月28日に、SOMPOホールディングスとの資本提携によって、約98億円の資金調達を実施したことによる増加である。


ティアフォー代表、加藤真平氏のインタビュー記事

注1:2020年9月2日時点でティアフォーの最新の調達が登記簿に記載されていなかったため、時価総額ランキングには反映されず。

カテゴリー別では、環境・エネルギーと金融分野がトップに

カテゴリー別にみると、先月と同様に環境・エネルギーと金融領域が最も多く、4社ずつランクインしており、自動車領域が3社でこれらに続く。

日本国内のスタートアップにおける、想定時価総額ランキング上位企業の中で環境・エネルギー分野に属する企業数が多く、4社の累計調達額はおよそ262.3億円である。この要因のひとつとして、近年、世界的にESG投資(注1)が増加傾向にあることが考えられる。

注1:環境(Environment)・社会(Social)・企業統治(Governance)に配慮している企業を重視・選別して行なう投資のこと。

環境・エネルギーのカテゴリーに含まれる企業は、以下の4社である。クリーンエネルギーの研究を行うクリーンプラネット紙・プラスチックの代替となる世界初の新素材「LIMEX」を開発・製造・販売するTBM、電力小売プラットホーム「Panair Cloud」を開発するパネイル、再生可能エネルギーを中心としたエネルギーサービスを提供するLooopとなっている。

STARTUP DBでは次月以降も引き続き、想定時価総額ランキングと主要トピックに関する記事をリリースしていく。

 

シェアする