1. HOME
  2. MEDIA
  3. 国内スタートアップ想定時価総額ランキング最新版TOP50(2020年1月)

国内スタートアップ想定時価総額ランキング最新版TOP50(2020年1月)

国内スタートアップ想定時価総額ランキング最新版TOP50(2020年1月)

国内ユニコーン企業数6社に

2019年は国内ユニコーン企業数が6社に増えた。2018年時点では現在1位であるPreferred Networksと2018年に上場したメルカリの2社しかなかったことを考えると、日本のスタートアップの成長が著しいことがわかる。しかし、CB Insightsの調査によると、米国発のユニコーン企業は累計で150社を超えており、グローバルリーダーには程遠いのが現状だ。

今回は国内スタートアップの想定時価総額を1位から50位までまとめた。ランキングに入っている各スタートアップの領域をみてみると、ディープテックが15社、SaaSが11社、フィンテックが9社であった。

ディープテック領域の内、Preferred NetworksクリーンプラネットTBMTRIPLE-1の4社がユニコーンとなっており、国内ユニコーン企業数の2/3を占めている。SaaS領域ではKARTE運営のプレイド、HRMOSの運営の他、転職サイトBizReachの運営も行なっているビズリーチ、b-dash運営のフロムスクラッチSmartHRなどがランキング入りを果たしている。プレイドGoogleからの調達を、フロムスクラッチKKRゴールドマン・サックスなどから約100億円の調達を、SmartHRは UberやSlack、Lyftなどに投資を行なっているLight Street Capitalなどから61億5000万円の調達を実施しており、海外投資家からも注目されている。フィンテック領域ではリキッドグループがユニコーンに、そのほかにもOrigamiウェルスナビなどが見受けられた。

STARTUP DBでは今後も想定時価総額のランキングレポートを出していく。その中でさらなるユニコーン企業が生まれ、世界へ羽ばたき、成長していく姿をこれからも注目していただきたい。

 

シェアする