1. HOME
  2. Press
  3. 関西学院大学と共同研究開始 「日本のスタートアップ企業の資金調達と成長に関する経済分析」

関西学院大学と共同研究開始 「日本のスタートアップ企業の資金調達と成長に関する経済分析」

関西学院大学(兵庫県西宮市)アントレプレナーシップ研究センター(センター長:経済学部教授加藤雅俊氏)による「日本のスタートアップ企業の資金調達と成長に関する経済分析」についての研究に対し、STARTUP DB(スタートアップデーターベース)を提供し、研究を共同で行うことを、2020年3月より開始いたします。

本研究は、日本においてどのようにすれば創業活動が活発化するのか、また、スタートアップ企業を成長させる要因は何かについて、資金調達における課題に焦点を当て、経済学のアプローチを用いた実証分析を行います。

本研究に対し、STARTUP DB(スタートアップデータベース)のデータを提供し、共同研究を開始いたします。本研究で得られた分析結果を活用し、スタートアップ・エコシステムの活性化に寄与することを目指します。

関西学院大学 アントレプレナーシップ研究センターについて

関西学院大学アントレプレナーシップ研究センター (KG RECENT) は、「アントレプレナーシップ(起業家精神)」に関するアカデミックな研究を行うことを目的として活動しています。特に,日本のスタートアップ企業のヒト・組織・戦略・パフォーマンスについて、経済学、マネジメント、ファイナンスの観点から実証的な研究を行っています。スタートアップ企業は、イノベーション、雇用創出といった経済活性化において重要な役割を担っています.しかし、資源の制約が大きい彼らが生き残り、成長することは容易ではありません.スタートアップ企業の成長への課題を明らかにし、彼らに対する支援政策への示唆を提示することを目指しています。KG RECENTは、関西学院大学の研究者だけでなく、他大学に在籍する研究者がメンバーとして参画しています。KG RECENTのメンバーは,スタートアップ企業に限らず,関連テーマに幅広く取り組んでいます。また、国内外の研究者や研究機関との共同研究を行っています。アカデミックな研究成果を発信するとともに、様々な媒体を通して広く社会に対して発信していくことを目指します。

URL:https://www.kg-recent.net/

シェアする