1. HOME
  2. MEDIA
  3. 【資金調達サマリー】2018/6/18-6/24

【資金調達サマリー】2018/6/18-6/24

【資金調達サマリー】2018/6/11-6/17

6月第4週(2018/6/18-6/24)の資金調達サマリー

データをもとに魚のエサやりを最適化するIoTサービス「UmiGarden」を提供するウミトロンが産業革新機構、D4V、藤代真一氏、松岡剛士氏らから9.2億円を調達した。

今回の資金調達は、水産分野のアーリーステージ投資として世界過去最高額である。現在はシンガポールに本社、日本に開発本部を持ち、IoTや衛生リモートセンシング、AIなどの技術を使って持続可能な水産養殖の仕組み作りに取り組んでいる。

水産資源の安全性、環境性、安定供給およびに改革を起こし、マーケットリーダーとなる可能性を秘める同社に今後も注目をしたい。

6月第4週に資金調達を実施した企業、金額の一覧

ニューワールド 6/18
調達額:非公表 (GMOペパボ)
動画を見ながら、「日本の伝統技術×現代デザイン」に出会える、買えるメディア「CRAFT」の運営。
フレセッツ 6/18
調達額:349百万 (東京エッジキャピタル、セレス)
複数のホットウォレットとコールドウォレットをそれぞれマルチシグで複合利用できる事業者向けウォレットBitshieldを開発・研究している。秘密鍵の管理のために、事業者が社内に専門家を抱えなくても、各社の内部統制基準に合わせて業務フローとして導入できることが特徴となっている。
ダブルフロンティア 6/18
調達額:50百万 (プラネット)
同社は、スマホアプリから買い物代行の依頼ができる「Twidy」を提供。
「Twidy」はいつでもどこでもお買い物リクエストをするだけで、ご近所のクルー(一般の人たち)が自身のお買い物の ついでに商品を購入、配達してくれる、地域密着型のお買い物代行サービスとなっている。
KIYOラーニング 6/18
調達額:540百万 (フューチャーベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタル、イノベーション・エンジン、IPBridge、SMBCベンチャーキャピタル、グローブアドバイザーズ、MS-Japan、みらい創造機構)
ビジネスマン向けに忙しい時間の中でも勉強出来るようなオンライン学習サービス「通勤講座」を開発、展開している。資格取得のための講座はすでに存在しているが、同社はITを用いた圧倒的な低価格で提供する事によって差別化要因を生み出している。
SELF 6/18
調達額:250百万 (エイベックス、東京理科大学インベストメント・マネジメント)
SELFが開発する対話型AIは、人とコミュニケーションをとり、その人の生活状態や心理状態、特性、言葉の背景にある意味などを理解し、それに合わせた会話展開や情報提供を可能とする。これにより、膨大な情報の波に飲み込まれずに、人が人生を豊かにする意思決定をしていけるように人に寄り添う対話型AIを目指している。
ビットジャーニー 6/18
調達額:55百万 (穐田 誉輝)
情報共有ツールKibelaを運営する。Kibelaは、個人の発信を組織の力にする情報共有ツール。グループを作成することで組織の規模に応じた情報共有ができるほか、個人的なメモや考えを共有できるBlogと、チームで情報の整理がしやすいWikiといった機能がある。
電脳交通 6/20
調達額:150百万  (ブロードバンドタワー、JapanTaxi、NTTドコモ・ベンチャーズ)
同社は、乗務員の高齢化など慢性的な課題を抱える地方のタクシー会社にITを活用した運行と配車業務を効率化する「クラウド型タクシー配車システム」を開発・提供している。また、タクシーの配車業務を代行する「クラウド型タクシーコールセンター」サービスも提供。
AlphaBoat  6/20
調達額:非公開 (東宝)
同社 は、プロ・アマ問わず YouTube など動画投稿プラットフォームを通じて世界中にエンタテインメント・コンテンツを活発に発信しているクリエイターに対してマネジメントおよびサポートを行う。
オーガンテクノロジーズ 6/20
調達額:590百万 (三井物産、伊藤忠商事、いよぎんキャピタル)
同社は、器官再生医療の先駆者として、臓器移植や再生医療など革新的な治療技術の研究開発により未来の医療と生活を変革する。特に毛髪再生医療では、非臨床試験のステージに進むなど、世界初であり日本発の器官再生医療の実現に向けて、計画を着実に進めている。
クロスロケーションズ 6/20
調達額:非公開 (アイリッジ、NTTドコモ・ベンチャーズ、アドインテ)
位置情報データ活用プラットフォーム「Location AI Platform」の開発・提供。同サービスは蓄積したデータの解析や統計、モデリングだけでなく、活用方法のレコメンにもAIを利用する計画。位置情報をもとに状況や目的に応じて適切な施策を提案する。
ookami 6/20
調達額:非公開 (Japan、朝日メディアラボベンチャーズ、みずほキャピタル、NTTドコモ・ベンチャーズ、グリーベンチャーズ、アシックス・ベンチャーズ)
スポーツニュースの配信プラットフォームから、スポーツゲームをライブで伝え、ゲームの途中経過や結果とともに、同じゲームを実況観戦する他ユーザと思いをリアルタイム共有できる「Player!」を開発、運営している。
ひむかAMファーマ 6/20
調達額:非公開 (国立研究開発法人科学技術振興機構)
降圧作用を示す新しい循環調節ペプチドであるアドレノメデュリンを活用したペプチド医薬品の研究開発を行う宮崎大学発のスタートアップ。
INMホールディングス 6/20
調達額:非公開 (セゾン・ベンチャーズ、リミックスポイント)
新規事業開発とマーケティング戦略の立案・実施に関する総合コンサルテーション・ビジネスを展開。今後は、リミックスポイントの子会社でビットコイン等の仮想通貨の取引交換所の運営等を行う株式会社ビットポイントジャパンとの間で、ポイント交換業務の準備を進める。
TRUSTDOCK 6/20
調達額:非公開 (500 Startups Japan、他複数社、他個人投資家)
身元確認業務をオンライン経由で業務代行する、API型本人確認サービスを提供。
APIで連携するだけで、アカウント開設や取引時の本人確認業務をオンラインでアウトソーシングすることが可能。
メイプルシステムズ 6/20
調達額:140百万円 (高野 秀敏、オークファン、ベクトル、エボラブルアジア、Orchestra Investment)
客先常駐型のシステムエンジニアリングサービス業界向けに、エンジニア管理のプラットフォーム「PRO-SESS」を提供する。
Virtusize 6/21
調達額:1500百万円 (YJキャピタル、D4V、RealityAccelerator、ベクトル、豊島、バリュークリエイト、PE&HR)
ユーザがオンラインで服を購入するときに自分に合ったサイズを調べるためのバーチャル試着室アプリケーションを提供。
ウミトロン 6/20
調達額:920百万円 (D4V、藤代 真一、松岡 剛志、産業革新機構)
衛星による海洋観測データを活用し水産養殖の生産効率化を行う事業を推進。
ミーニュー 6/21
調達額:非公開 (経沢 香保子)
AI献立自動作成アプリ「me:new(ミーニュー)」を運営。
Tranzax 6/22
調達額:非公開 (西武信用金庫)
金融庁から電子債権記録機関の指定を受け、日本発のFinTechとして電子記録債権を活用したトランザクション・ファイナンス(事業受注に伴う資金調達)を提供。サプライチェーン全体の金融コストを引き下げ、さらに大企業に比べ資金調達の条件に厳しい中小企業やベンチャー企業に対し新たな金融チャンスの支援。
ジオロジック 6/22
調達額:100百万円 (LINE Ventures、東急エージェンシー、ジェネシア・ベンチャーズ)
「ジオロジック・アド」を開発・提供。
位置情報アドネットワークGeoLogic Adの広告主数は300社を超えた。増加スピードはさらに加速している。LINEのネット広告事業と連携し、O2O領域を中心に幅広く協業を検討していく。
※スタートアップのキャリアにご興味のある方はこちらから。

シェアする