1. HOME
  2. MEDIA
  3. 【資金調達サマリー】2018/4/16-22

【資金調達サマリー】2018/4/16-22

【資金調達サマリー】2018/4/16-22

ユーザーを「人」として分析する顧客体験プラットフォーム「KARTE」を運営するプレイドが27億円の大型資金調達を行なったことは今週の話題だ。今回の調達によりこれで累計調達額33.5億円となった。KARTEはユーザーをデータとしてではなく人として分析するマーケティングツールである。

また東京工業大学発のスタートアップである光コムも産業革新機構などから12.9億円の資金調達を行なった。同社はノーベル物理学賞を受賞した「光コム」理論を活用し対象物に光をあて反射する光を分析し物体のサイズや形状を計測する技術を提供している。

今週は20社が資金調達を行うなど多くの企業が資金調達を成功させた。

特に今週の調達傾向として、ライブコマースプラットフォーム「PinQul」や、Eコマースプラットフォーム「BASE」などライブ配信サービスを展開する企業への調達が目立ち、ライブコマースの成長スピードの速さを伺える結果となった。

以下、今週の資金調達レポートである。

Laboratik(4/16)
– 調達額:80百万円(Archetype Ventures、みずほキャピタル、エルテスキャピタル Zeroth AI、個人投資家など)
自然言語処理でチームメンバーの状態をリアルタイム解析するbot「A;(エー)」を展開。
Patentfield(4/16)
– 調達額:不明(日本ビジネスシステムズ)
AIなどで特許調査・分析業務を効率化させるWebプラットフォーム「patentfield.com」を展開。
インテグリティ・ヘルスケア(4/16)
– 調達額:750百万円(住友商事、他大手事業会社2社)
モニタリング、オンライン問診、オンライン診察の3つの機能を搭載するオンライン診療システム「YaDoc」を展開。
exiii(4/16)
– 調達額:80百万円(グローバル・ブレイン)
VR/AR内でバーチャルオブジェクトに触れることを可能とする、触覚ウェアラブルデバイス「EXOS」を開発。
タレントアンドアセスメント(4/16)
– 調達額:30百万円(三菱UFJキャピタル)
AI面接サービス「SHaiN」を提供。
光コム(4/17)
– 調達額:1290百万円(ニッセイキャピタル、産業革新機構、広島ベンチャーキャピタル、三井住友海上キャピタル、みらい創造機構、ちばぎんキャピタル、いよぎんキャピタル、山梨中銀経営コンサルティング)
2005年のノーベル物理学賞に選ばれた「光コム」理論を産業応用し、非接触三次元測定器の開発・販売、スマートファクトリー事業に取り組む。
Phybbit(4/17)
– 調達額:65百万円(大和企業投資、フリービットインベストメント、川田尚吾、佐伯嘉信)
アドフラウド検出における業務を自動化・可視化することで、アドフラウド対策の敷居を下げる「SpiderAF」を展開。
ロボケン(4/17)
– 調達額:不明(東京神奈川イノベーション応援)
Deep Learning(深層学習)等のAI技術に加えて、人間の脳の「海馬」の仕組みを活用した独自の新しいAI(エピソード記憶編集『epiRobo』―特許出願中―)モジュールをコア技術とした事業展開。
Flatt(4/17)
– 調達額:27百万円(青柳直樹、堀井翔太、三木寛文など)
ライブコマースプラットフォーム「PinQul(ピンクル)」を提供。
IMCF(4/17)
– 調達額:60百万円(IF Life Time Ventures、KLab Venture Partners、個人投資家)
D2Cファッションインキュベーション事業を展開。
Space BD(4/17)
– 調達額:200百万円(インキュベイトファンド、アニヴェルセルHOLDINGS)
打上げ輸送手段と小型衛星のマッチング機能に加え、インターフェース調整、安全審査、輸送、契約交渉といった必要業務のアウトソーシング機能を備えた一貫型打上げサービス事業や、衛星用部品・コンポーネントの輸出入事業を展開。
BASE(4/17)
– 調達額:不明(丸井グループ)
ものづくりを行う個人、ビジネスを展開する法人、地方自治体をはじめとする行政に利用されているネットショップ作成サービスと、Eコマースプラットフォーム「BASE」を展開。
Galution(4/18)
– 調達額:(iSGSインベストメントワークス)
相続に関する質問や、現状の困りごとを気軽に相談できるサービス「OKUList」を展開。
プレイド(4/19)
– 調達額:2700百万円(フェムトパートナーズ、Eight Roads Ventures Japan、三井物産、三井住友海上キャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、三菱UFJキャピタル、みずほ銀行(借入れ))
ユーザーを「人」として分析する顧客体験プラットフォーム「KARTE」を展開。
ペットゴー(4/19)
– 調達額:不明(住友商事)
ペット用品専門ECサイト「petgo」を運営。
ワイズグローバルビジョン(4/19)
– 調達額:40百万円(沖縄ものづくり振興ファンド
海水淡水化装置などを製造販売。
ペイミー(4/19)
– 調達額:450百万円(インキュベイトファンド、ドリームインキュベータ、CROOZ VENTURES、サイバーエージェント・ベンチャーズ、TLM)
給与の即日前払サービス「Payme(ペイミー)」を提供。
アラームボックス(4/20)
– 調達額:100百万円(ナントCVC、南都銀行、GMOペイメントゲートウェイ、SMBCベンチャーキャピタル、西武しんきんキャピタル、池田泉州キャピタルニュービジネスファンド)
インターネット上の情報を活用したAI与信管理サービス「アラームボックス」を提供。
VAAK(4/20)
– 調達額:50百万円(出資元不明)
防犯カメラ解析AIを万引き防止に活用する「VAAK EYE」を展開。
リビングスタイル(4/20)
– 調達額:340百万円(カカクコム、DGインキュベーション、DG Daiwa Ventures、アコード・ベンチャーズ)
店頭やウェブサイトにおいて直感的な操作でインテリア・コーディネートを行える「インテリア 3Dシミュレーター」やインテリアの試着を可能にするルーム・コーディネート・アプリ「RoomCo AR (ルムコエーアール)」を展開。

シェアする