1. HOME
  2. MEDIA
  3. 【2月第1週資金調達サマリー】社会課題解決型ビジネスのネオキャリア、総額45億円の資金調達を実施など

【2月第1週資金調達サマリー】社会課題解決型ビジネスのネオキャリア、総額45億円の資金調達を実施など

2020/2/3-2/9資金調達サマリー

注目の資金調達情報

ネオキャリア

ネオキャリア

調達額:45億円(第三者割当増資のほか、借入れも含む)
調達先:Golden Asia Fund Ventures / SBIインベストメント / みずほキャピタル / マイナビ / リンクアンドモチベーション / 三菱UFJキャピタル

人材事業をはじめ、社会課題を解決するスタートアップ。代表の西澤氏は2014年日経ビジネスにて「若手経営者が選ぶベスト社長」に選ばれている。
現在”HR tech”、”Healthcare”、”Human Resource”、”Global”の4つの領域で事業を展開しており、約30ものサービスを提供。なかでもAIを活用して人事業務の効率化を図るサービス「jinjer」は1年で3000社への導入を達成するなどの反響を呼んでいる。同サービスはエンゲージメントアラート機能や業界初となる完全スマホ対応機能、シフトをリアルタイムで反映する機能などを備えている。

MOON-X

MOON-X

調達額:10億円
調達先:ジャフコ / 島田亨

次世代のクラフトビール「CRAFT X」を販売、提供しているスタートアップ。”日本のモノづくりを体現するブランド群をテクノロジーを活用して世界中に提供していく”を同社のビジョンに掲げている。
同社は、日本のモノづくりを代表する作り手との協業やテクノロジーの活用、消費者との継続的な対話を通じて日本のモノづくりを体現するようなブランド群を創造している。「CRAFT X」は、日本のビールを代表する作り手の木内酒造とパートナーシップを組み、クラフトビールのクリスタルIPAを販売。クリスタルIPAは、IPAでありながらも、クリアで苦味を抑えた飲みやすいビールだ。その美味しさと飲みやすさから、2019年11月に限定販売された初回バッジの400ケースは、発売から2ヶ月弱で完売し、消費者からも高い評価を受けた。

五常・アンド・カンパニー

五常・アンド・カンパニー

調達額:9億9000万円(融資での調達、2020年2月5日時点で900万ドルを円換算した金額)
調達先:クレディセゾン

新興国向け小口融資サービスを展開するスタートアップ。世界中の新興国で低価格かつ高品質な金融サービスの提供を目指して事業を行っている。
同社は現地国企業の買収・設立を通じて世界中にマイクロファイナンス子会社をもち、各国での適切な経営のもと、質の高いサービスと従業員を育成し、事業を拡大している。また各国のマイクロファイナンス機関の持株会社の形態をとっており、パートナーの選定にも力を入れて着実に展開を進めてきたことで、質の高いサービスの提供を実現している。創業以来、30日以上延滞率は1%未満と貸付債権の質を維持しながら、年率200%以上のペースで゙事業を成⻑させた。

AWL

AWL

調達額:8億1000万円(内、増資額4.6億円、融資額3.5億円)
調達先:みずほキャピタル / みずほ銀行 / アスカネット / サイバーエージェント / 三井住友銀行 / 三菱UFJキャピタル / 三菱UFJ銀行 / 共同通信デジタル / 凸版印刷 / 東義和

リテール向けAIカメラソリューション「AWL」を手掛けるスタートアップ。
天井等に設置されたカメラの映像を、同社の展開する「AWL BOX」で処理することにより、来店した顧客の属性分析、棚前立ち止まり、商品接触などの店内行動を分析するとともに、従業員の業務状況を分析・支援し、現場作業の負荷軽減を実現することを可能にさせる。店舗の映像データは一切クラウドには送信せず、匿名化したデータのみをクラウドへ送信し、小売店など店舗のオペレーションの改善や商品企画・顧客分析など新たなマーケティング戦略につなげることができる。

H2O Japan

H2O Japan

調達額:7億6000万円
調達先:IMM Investment / Samsung Venture Investment / Shinhan Capital / Stonebridge Ventures

全国4,000室以上のホテル・旅館など居住系施設の企画・開発から運営まで、さまざまなサービスを手掛けるスタートアップ。
同社が展開する「総合宿泊運営」は、全国7都市で50棟以上のホテル、旅館、民宿など各種宿泊施設を運営している。同社開発システムを用いて複数物件の統合管理、予約管理の効率化から集客の最適化、適切なゲスト対応と高い現場運営力により、クオリティ向上と収益成長好循環サイクルを実現する。また、近年注目されている無人運用システム(スマートロック、チェックインタブレット、現場対応アプリケーションなど)などを同社システムと連携させ物件に合わせた製品の選別・導入・運営サービスなど、常に効率性が高いホテル運営を展開している。

シェアする