1. HOME
  2. MEDIA
  3. 【12月第4週資金調達サマリー】作業支援ロボットのイノフィス、シリーズCで総額35.3億円の調達

【12月第4週資金調達サマリー】作業支援ロボットのイノフィス、シリーズCで総額35.3億円の調達

注目の大型資金調達

イノフィス
イノフィス

調達額:約35億3000万円
調達先:Fidelity International / TIS / トーカイ / ナック / ハイレックスコーポレーション / ビックカメラ / フューチャーベンチャーキャピタル / ブラザー工業 / 東和薬品

装着型の作業支援ロボット(アシストスーツ)を提供するスタートアップ。

同社が販売するマッスルスーツは、空気圧で稼働する人工筋肉のはたらきで動作を補助する。

人を抱え上げる、重い物を持ち上げる、中腰姿勢を保つ、といった作業時に腰の負担を低減する効果を発揮し、腰痛の予防、労働環境改善や人手不足対策に貢献する。2019年11月に、さらなる軽量化と大幅な低価格化を実現した「マッスルスーツEvery(エブリィ)」を発売し、従来品も合わせ累計販売台数は5,000台を突破した。

INFORICH
INFORICH

調達額:30億円
調達先:Chartwell Capital / GMCM Venture Capital Partners / ゴールドマン・サックス / ホリプロ / 日本郵政キャピタル

主にスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT(チャージスポット)」を展開するスタートアップ。

公共交通機関の駅・関連施設、商業施設、飲食店、コンビニエンスストア、キャリアショップなどで、全国約10,000台以上のバッテリースタンドを運営し、”どこでもレンタル出来て、どこでも返却できる”スマホ充電器のシェアリングサービスを展開中。

国内シェアは2019年12月時点で97%を超える他、既に海外では4カ国にも進出済みだ。専用アプリを利用することで、例えば、渋谷でモバイルバッテリーを借りて池袋で返却したり、東京で借りて香港で返却することなどが既に可能となっている。

これまで導入の決まった法人・団体は、イオングループ、ローソン、ファミリーマート、TSUTAYA、近畿日本鉄道、小田急電鉄、森ビル、神戸市、福岡市、郵便局、など数百にのぼり、2021年までに100,000カ所の「ChargeSPOT」の設置が計画されている。

ミダスエンターテインメントミダスエンターテインメント

調達額:4億円
調達先:調達先非公表

日本国内においてアミューズメント用機器のレンタル事業、オンラインクレーン事業及びセールスプロモーション事業を展開しているスタートアップ。

主にアミューズメント施設へのゲームマシンのレンタルを行う。2019年12月現在、国内で3,100台のレンタルを実施している。また、セールスプロモーション事業を手がけており、ブランドコンサルティング、SPツールの企画・デザイン、イベント・キャンペーンの企画・運営まで幅広く扱う。

エビリー
エビリー

調達額:2億5000万円
調達先:大和企業投資 / NTTドコモベンチャーズ

クラウド型動画配信サービス「millvi」、ソーシャツ動画データ及び分析サービス「kamui tracker」、YouTube総合メディア「かむなび」を運営・展開するスタートアップ。

同社の展開する「kamui tracker」は、YouTubeを中心とする動画プラットフォーム上のデータベースと分析ツールであり、広告主・広告代理店にはタイアップ広告の効果の最大化を、インフルエンサー・事務所にはインフルエンサーのチャンネルの成長を提供するサービスだ。

2016年3月よりサービスを開始し、YouTuberを始めとするYouTubeチャンネル運営者、企業メディア担当者、企業マーケターなど7,000を超えるユーザー(2019年11月)に利用されている。

ハチたま
ハチたま

調達額:約2億円
調達先:ひびしんキャピタルシグマクシス / マネックスベンチャーズ / 山口キャピタル / 横浜キャピタル / 羽立化工

スマートねこトイレtolettaの企画・開発を行なう、ペット関連サービスのスタートアップ。

“おうちでできる、ねこヘルスケア”をコンセプトとして、世界初のスマート猫トイレ「toletta2」の開発・販売を進めている。「toletta2」はスマートフォンアプリと連動し、猫の死因トップである慢性腎疾患と慢性腎不全の初期症状をモニタリングでき、猫の頭数や飼い主の自宅滞在時間に寄らず簡単に猫の健康管理が出来る。

シェアする