1. HOME
  2. MEDIA
  3. 【2018年4Q IRレポート Facebook】 モバイル広告が総売上30%増に貢献

【2018年4Q IRレポート Facebook】 モバイル広告が総売上30%増に貢献

【2018年4Q IRレポート Facebook】 モバイル広告が総売上30%増に貢献

2018年12月31日に2018年第四半期を終えたFacebookがプレスリリースを発表した。情報セキュリティ強化に加え新たな広告機能が大きな進展を見せた。

業績ハイライト

総売上高:169億1400万ドル(前年同期比30%増)
広告売上高:166億4000万ドル(前年同期比30%増)
モバイル広告売上高:全体の広告売上高の約93%に相当(前年同期は約89%に相当)
営業利益:78億2000万ドル (前年同期比6.4%増)
当期純利益:68億8200万ドル (前年同期比61%増)

アジア太平洋地域の売上高成長率34%(前年同期比)
デイリーアクティブ利用者数(DAU):15億2000万人(前年比9.0%増)
月間アクティブ利用者数(MAU):23億2000万人(前年比9.0%増)

参照:https://investor.fb.com/investor-events/event-details/2019/Facebook-Q4-2018-Earnings/default.aspx

他ハイライト

・モバイル広告売上は155億ドルと前年比45%増と全歳入のうち93%を占める結果となった。
・セキュリティに投資した結果、ユーザーに情報コントロールと広告においての透明性への新しいスタンダードを設定した。
・現在700万人の広告業者が私たちのサービスを使い、地域の小さな店からグローバル展開している企業まで様々な会社が使用しています。そのうち200万人の広告業者がストーリー機能を使いホリデーシーズンの間ではInstagramのストーリーで新規顧客の売上のうち25%を生み出した。Q4ではMessengerのStoriesにて広告機能を追加した。
・またAIを使用して広告からどのプロダクトが人気があるのかランキングにしてわかるような機能を導入した。またポリシーに反する広告の特定も可能にした。
・Facebookにてのデイリーユーザーは2017年に比べて9%増の15億2,000万人。インドとインドネシア、フィリピンにて成長が見られた。そのため月間ユーザーは23億2,000万人に上る。
・2018年12月においては約27億人が一回はFacebookが所有するFaceboook, Instagram, MEssenger, Whatsappのいずれかを使用。20億人は毎日使っている。
・地域別の成長率はアジア太平洋が34%と最大であった。その次に北アメリカで31%、ヨーロッパで28%となった。
・他収入ではOculus Go andの売上とPortalのローンチが42%増となった要因である。
・歳出は前年比62%増の91億ドルとなった。インフラ、セキュリティとイノベーションに膨大に投資をした結果である。
・雇用に関しては前年比42%アップの35,500人のフルタイマーとなった。

今後の方針

・インターネット並びにFacebookが直面している主要な社会問題において進展を見せること。
この1年で1万人から3万人へとセキュリティ分野へ従事する職員数を拡大。膨大な額を不適切なコンテンツを特定できるシステムの投資。しかしコンテンツの内容を決めるのは我々であってはならないことからユーザーが個々に対して内部のコンテンツの決定判断を訴えかけることのできるシステムが構築できるように現在努めている。またプライバシーを懸念し、より多くのメッセージを暗号化を検討している
・人生をより良いものにするために新しい体験の提供を努める。
Instagramのストーリー機能のように皆が驚くものを作りたい。この18ヶ月はセキュリティに全力を注いでいたこともあり2019年度はいくつかの新しいサービスを考えている。サービスが人々の生活になるような、友達や家族のコミュニティ全員が所属しより近くに感じられるようにしたい。
・ビジネスの拡大
私たちのサービスおよびプロダクトを使用する主に中小企業をサポートしビジネスを構築し続ける。また90万以上の小規模のビジネスがFacebookの製品を使っており、約半数以上がFacebookを使用したことによりより多くの人を雇うことができたと述べている。
・自社の活動内容とと世界での役割についての情報の透明性をもつこと
現在はテクノロジーのもたらすインパクトについてネガティブな雰囲気がある。しかしポジティブな結果に向けて一緒に突き進める人々と働く準備ができている。
2018年は重大な問題に対処しただけでなく、進歩し続けるために何を信念とするかについて明確にした。私たちのバリューは変わらない。「気にかけている人と繋がれるように、無料でサービスを提供し、何を考え感じているかを表現し、必要としている時に助けてもらい、思いを込めたアイディアをサポートし、どこにいようがビジネスをスタートできるようにすること。」私たちはポジティブな変化をもたらせるようにするためにテクノロジーを生み出し続ける。

参照:https://s21.q4cdn.com/399680738/files/doc_financials/2018/Q2/Q218-earnings-call-transcript.pdf)
※一部省略・表現の変更あり

シェアする