1. HOME
  2. MEDIA
  3. 【2018年2Q IRサマリー】Apple Inc.

【2018年2Q IRサマリー】Apple Inc.

【2018年2Q IRサマリー】Apple Inc.
【2018年2Q IRレポート】Apple Inc.
2018年5月1日に今年度2Qを終えたApple Inc. がプレスリリースを発表した。

業績ハイライト


【2018年2Qの主な実績】
└総売上高:611億3700万ドル(前年同期比16%増)
└営業利益:158億9400万ドル(前年同期比13%増)
└当期純利益:138億2200ドル(前年同期比25%増)

他ハイライト

CEO ティム・クック氏

「iPhone、サービス、ウェアラブル製品の好調な売上により、過去最高の2Q業績を達成したことを嬉しく思う。今2Q期は毎週、他のどのiPhoneよりもiPhone Xを選ばれるお客様の方が多く、これは1Q期のiPhone X発表直後と同じ傾向であった。また、私たちは全ての地域で売上高を伸ばし、中国圏と日本では20%以上の伸びとなった。」

 

CFO ルカ・マエストリ氏

「今期は1株当たり利益を30%増加し、営業キャッシュフローを150億ドル以上生み出すことができたため、業績は非常に良好だった。 グローバルキャッシュへよりアクセスしやすくなったため、アメリカでの事業活動にこれまでに以上に効率的に投資しすることができ、より最適な資本構造に取り組むことが可能になった。Appleの将来への自信から、 取締役会が新たに1000億ドルの自己株式買いと四半期配当の16%増額を承認したことを嬉しく思う。」

 

当社は以前の2,100億ドルの自社株買い承認額の執行を3Qに完了する。

 

増額の承認を反映して、取締役会は、Appleの普通株式1株当たり0.73ドルの現金による配当を宣言した。配当金は2018年5月14日の市場取引終了時点で株主名簿に記載されている

株主を対象に、2018年5月17日に支払われる。

引き続き、譲渡制限付き自社株取得権を正味株式決済する予定。

資本還元プログラムが始まった2012年8月から2018年3月までの間にAppleは2,750億ドル以上を株主に還元。これには2,000億ドルの自社株買いが含まれている。マネジメントチームと取締役会は、引き続き資本還元プログラムの各要素を定期的に見直し、年に一度プログラムの更新をお知らせする予定。


Appleは2018年度3Q業績について、以下の予想をしている。

  • 売上高 515億ドル→535億ドル
  • 売上総利益率 38%→38.5%
  • 営業費用 77億ドル→78億ドル
  • その他の収入/(費用)4億ドル
  • 税率14.5%

 

https://www.apple.com/jp/newsroom/2018/05/apple-reports-second-quarter-results/ Apple)

シェアする