1. HOME
  2. MEDIA
  3. Facebook【2018 2Q IRサマリー】

Facebook【2018 2Q IRサマリー】

業績ハイライト

業績ハイライト

総売上高:132億3100万ドル(前年同期比42%増)
広告売上高:130億3800万ドル(前年同期比42%増)
モバイル広告売上高:全体の広告売上高の約91%に相当(前年同期は約87%に相当)
アジア太平洋地域の売上高成長率:約48%(前年同期比)
月間アクティブ利用者数(MAU):22億3000万人(前年比11%増)
デイリーアクティブ利用者数(DAU):14億7000万人(前年比11%増)
Facebook, Instagram, WhatsApp, Messengerの月間利用者数:25億人
(参考:https://ja.newsroom.fb.com/news/2018/07/second_quarter_results/

今期ハイライト

広告技術透明化
・ パーソナイズ化された広告でなくても、ページが運用している広告が誰にでも見れるように
・ 政治コンテンツを含む広告のアーカイブが7年前のものまで閲覧可能に。また誰が広告費を出しているかや閲覧人数も確認可能に
 ・ 広告透明化を実現したことにより世界中のアドバタイザーに一層責任を持っていただけると予想

誤情報との戦い
・スパマーが偽のニュースを執筆するインセンティブとなっている金銭インセンティブを取り除くことに成功(多くの金銭インセンティブは経済的に促進されたもの)
・誤情報ばかり拡散するページの広告購入を禁止に
・問題の多いコンテンツを発信している偽アカウントの生成をAIを用い、阻止

AI
・AIに力を入れたことにより、ユーザーから報告される前に悪いコンテンツを取り除くことが可能に
 └Q1ではAIが約90%の暴力的グラフィックコンテンツを認知した

プライバシー
・GDPR(*1)により結果として、ヨーロッパからのMAUは約100万件減少
・訪問したウェブサイトの情報などを利用し、よりパーソナライズ化された広告を導入してほしいと多くのユーザーが賛同

*1:EU一般データ保護規則(General Data Protection Regulation) 。欧州連合(EU)における新しい個人情報保護の枠組みであり、個人データ(personal data)の処理と移転に関するルールを定めた規則

ザッカーバーグCEOコメント
「私たちは人々の安全を守る責任があるため、引き続きセキュリティとプライバシーの向上に努める予定だ。しかし、あまりにもセキュリティに力を入れているため、利益に大きく影響すると予想している。すでに今期でもそれが現れはじめている。セキュリティに力を入れるため新規事業への投資を減らすことを選択することもできますが、私たちは決してそのようなことは行わない。なぜならば、新規事業への投資を減らしてしまったら、コミュニティに貢献できなくなってしまう。私たちは来期のことだけでなく長期的にこの会社のことを考えていますし、人びとをより繋げるサービスを作り続けていく責任がある。」

私たちは人々の安全を守る責任があるため、引き続きセキュリティとプライバシーの向上に努める予定だ。しかし、あまりにもセキュリティに力を入れているため、利益に大きく影響すると予想している。すでに今期でもそれが現れはじめている。セキュリティに力を入れるため新規事業への投資を減らすことを選択することもできますが、私たちは決してそのようなことは行わない。なぜならば、新規事業への投資を減らしてしまったら、コミュニティに貢献できなくなってしまう。私たちは来期のことだけでなく長期的にこの会社のことを考えていますし、人びとをより繋げるサービスを作り続けていく責任がある

ニュースフィード機能
・ニュースフィードをより友達や家族をつなぐもののために改良

グループ機能
・今では2億人以上のFacebookユーザーが何かしらのグループに所属
・グループ管理者がよりグループを管理しやすいようなロードマップを作成中
・5年後の目標である、10億人がどこかしらのコミュニティに所属している社会へと着々と近づいている
「1970年代から世界中ではコミュニティに所属している人が右肩下がりで減少しており、寂しさや孤独さを促している。10億人を意味ある動きに巻き込むことができれば、このトレンドを覆すことができる。」

ファンドレイジング機能
・6月には国境で家族と離ればなれになってしまった非国籍の子供たちのために1,500ドルを募るキャンペーンが広く拡散され、世界中の50万人以上の寄付者から2,000万ドル以上を調達
・今期はフェイスブックページがファンドレイザーを作れるように、また、寄付することも可能に

インスタグラム
・現在10億人以上のアクティブユーザーがインスタグラムを使っている
・インスタグラムを買収した当初は16人のメンバーしかいなかったにも関わらず、ストーリーズやダイレクト、IGTVを制作
・インスタグラムはフェイスブックのインフラを活用することにより従来よりも2倍以上でのスピードで成長を成し遂げたと確信
・以前よりテレビを観ることが減っており、ビデオに移行しつつあるが、ビデオはモバイル用にまだ対応していないないものが多い。これに対してIGTVは解決策となる。IGTVはモバイル用に開発されていることから縦型の長時間ビデオ作成がより簡単に

以前よりテレビを観ることが減っており、ビデオに移行しつつあるが、ビデオはモバイル用にまだ対応していないないものが多い。これに対してIGTVは解決策となる。IGTVはモバイル用に開発されていることから縦型の長時間ビデオ作成がより簡単に

プライベートメッセージング
・WhatsApp決済をインドで実験運用開始。良いフィードバックをもらっており、政府の許可さえ降りれば本格運用開始を検討中。また今後は他国でも使用可能にしたいと考えている

来期に向けて
・今後5年間はWhatsAppやMessengerを中心にメッセージのビジネスエコシステムを創ることに注力する
・フェイスブックのコンピューティングインフラやビジネスプラットフォーム、セキュリティシステムを全てのアプリユーザーへ普及することを目指している
・10年前に自社データセンターを設立することを決断し、2011年に初めてのデータセンターを設立。現在世界中で6ものデータセンターを設けており、今後追加で8軒を建設予定
・今後10年もVR領域に注力する予定。ゴールは大切な人が世界の反対側にいても、あたかもそこにいるかのような親近感をVRで作りだすことだ。Oculus Goは199ドルという気軽な価格ということもあり、売上も好調。同プロダクトは多くの人にとっての初めてのVR体験になると考えている

(参考:https://s21.q4cdn.com/399680738/files/doc_financials/2018/Q2/Q218-earnings-call-transcript.pdf)
※一部省略・表現の変更あり

シェアする