1. HOME
  2. MEDIA
  3. 国内スタートアップ想定時価総額ランキング最新版(2019年10月)

国内スタートアップ想定時価総額ランキング最新版(2019年10月)

国内スタートアップ想定時価総額ランキング最新版(2019年10月)


2019年9月から連載が開始した「2019年度
国内スタートアップ想定時価総額ランキング」。各社の登記簿情報を確認すると、この1ヶ月間でも大型資金調達や新株予約権の発行、社内体制の変更など変動が見られた。

それに伴い、想定時価総額ランキングにも変化があった。今回のランキングではどのような傾向があるのか紐解いていく。

9月に続き、ディープテックスタートアップが多くランクイン

10月時点でのユニコーンスタートアップは9月時点と同様5社であった。だが、Spiber、パネイルはユニコーンに迫る時価総額なので、今後の動向に注目したい。 9月時点と同様に、”ディープテックスタートアップ”の時価総額が高い傾向にある。ランキングTOPの時価総額を誇るPreferred Networksやティアフォー、アストロスケールホールディングスなどランキング上位に多くの”ディープテックスタートアップ”が存在する。

10月時点でのユニコーンスタートアップは9月時点と同様5社であった。だが、Spiber、パネイルはユニコーンに迫る時価総額なので、今後の動向に注目したい。

9月時点と同様に、”ディープテックスタートアップ”の時価総額が高い傾向にある。ランキングTOPの時価総額を誇るPreferred Networksやティアフォー、アストロスケールホールディングスなどランキング上位に多くの”ディープテックスタートアップ”が存在する。

新たな金融プラットフォーム「Origami Network」を発表したOrigamiがランクイン

▼Origami
・調達金額:6億9998万円(変更:8/22、登記:9/4)※登記簿情報に基づき算出

Origamiはオフラインでは実店舗でのスマホ決済サービス、オンラインではECショッピングサービスを提供している。2015年大型の資金調達を行い、新しいスマホ決済サービス「Origami pay」をリリース。

2019年9月27日に開催された”Origami Conference 2019”で新たな金融プラットフォーム「Origami Network」を発表。「Origami Network」は、Origamiの決済機能やデータ分析、ポイント機能、顧客管理(CRM)機能をオープン化したサービスだ。これらの機能を利用するためのSDKを無償で提供することで、外部企業がOrigami Networkを活用し、自社のアプリにOrigami Payの機能を付加できる。ユーザーはOrigamiのアプリを使わず、外部企業のアプリから、Origami Payの加盟店で決済できるようになる。

さらに”Origami Financial Services”という新会社を設立し、パートナー企業とともに融資、保険、投資のサービスも提供していく。2019年9月27日には保険のサービスで、あいおいニッセイ同和損保、第一生命と提携することが発表された。

ランキング掲載スタートアップにはIPO前の傾向も

今回の時価総額ランキングは10/1時点で取得可能な登記簿情報をもとに作成している。登記簿情報からは、IPOに向け本格的に準備を開始した企業も予測ができる。

近いうち、本ランキング内のスタートアップがIPOすることも十分にありえるだろう。STARTUP DBではIPOした企業の有価証券報告書から紐解く分析記事もリリースしているので、合わせてチェックして頂きたい。

シェアする