1. HOME
  2. MEDIA
  3. 国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-7月)

国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-7月)

8社が新規ランクイン、トップは135億円調達のTBM

2021年1-7月の国内スタートアップ資金調達金額ランキングでは、紙やプラスチックの代替となる新素材「LIMEX(ライメックス)」を展開するTBMが135億円の調達を行い、ランキングの1位に躍り出た。また、ヘイispaceSODAアトナープatama plusmenuユビタスWovn Technologiesが大型の資金調達を新たに実施し、新規ランクイン企業は8社となった。

2011年8月に設立されたTBMは、炭酸カルシウムなど無機物を50%以上含む、無機フィラー分散系の複合素材「LIMEX」の開発・製造・販売を手がける。同素材は世界40ヶ国以上で特許を取得しており、COPやG20の国際会議で紹介される他、日本の優れた技術として、UNIDO(国際連合工業開発機関)のサステナブル技術普及プラットフォームに登録されている。

2021年7月2日には、韓国大手財閥であるSKグループの4社(SK Inc.、SKC、SK Materials、SK Siltron)が共同出資したSK Japan Investmentと、135億円の資本提携締結を発表。SKグループは石油精製、石油化学、通信や半導体事業を軸としながら、ESG領域のベストカンパニーを目指し、グローバルに展開している。

本提携を受けて、同社はSKグループとのサプライチェーンの連携・販路の活用を通じて「LIMEX」の生産体制を強化し、SKグループおよびその顧客ニーズにマッチした「LIMEX Pellet(ライメックスペレット)」と「LIMEX Sheet(ライメックスシート)」の用途開発を推進する。また、TBMの製品を韓国のみならずグローバルに向けて販売し、世界のプラスチック問題や地域によって異なる環境素材のニーズに対応する方針だ。

また、同年6月には、カーボンニュートラル由来のバイオ塗料を組み合わせた「LIMEX」、「CirculeX(サーキュレックス)」製品における用途開発の共同推進を目的に、​​武蔵塗料ホールディングスとの資本提携を締結。協業を通じて、環境配慮素材を使用した付加価値の高い製品の提供に取り組むとしている。

関連記事:TBM山﨑氏を支えた、諦めず事業と向き合う「しがみつく強さ」

3位にランクインしたヘイは、本格的なネットショップが、誰でもかんたんに作成できるサービス「STORES(ストアーズ)」を展開している。ショップのこだわりを表現する高いデザイン性と、はじめてでも分かりやすい操作性、販売スタイルに合わせたシンプルな料金プランを提供する。

2021年7月には、登記簿からおよそ162億円の調達を確認。これにより同社の企業評価額は約922億円に達した。また、実店舗とネットショップがひとつになった新しいレジアプリ 「STORES レジ」を2021年6月15日にリリース。同サービスは、実店鋪とネットショップの商品・在庫・売上データの一元管理を可能にする。

関連記事:hey佐藤裕介氏、来たるトレンドを見抜く上場の再現性とは

月面探査プログラム「HAKUTO-R」を通じて、民間による月面資源開発の実現を目指すispaceは、6月末に三井住友銀行三菱UFJ銀行りそな銀行日本政策金融公庫からの19億5,000万円の融資を実施。また、8月4日には、インキュベイトファンドをリードインベスターとした全7社を引受先とする、合計約50億7,000万円のシリーズCの第三者割当増資を発表。累計資金調達金額は約213億円となった。調達資金は、今後予定されている月面ミッションに用いられるランダーのサイズアップに充てられる。

 

国内最大級のスニーカーフリマ「SNKRDUNK(スニーカーダンク)」を展開するSODAは、シリーズCにて約62億円の調達を実施し、11位に新規ランクイン。引受先はNAVERの子会社であるKREAM Corporationをリード投資家にAltos VenturesSoftBank Ventures Asiaジャフコグループ、既存全投資家からの追加出資としている。今回調達した資金は、国内事業の拡大および強化に加え、インドネシア、フィリピンなどアジア市場獲得のために積極投資を行う方針だ。

同時に、スニーカー・ストリートウェアを株式のように売買できるサイト「モノカブ」を運営するモノカブの完全子会社化を発表。「モノカブ」との統合・連携により、真贋鑑定、ロジスティクス、カスタマーサポートなど両社の知見を掛け合わせることで、より安心・安全なサービスへの成長を目指す。

 

ランクイン企業のうち、10社が累計資金調達金額100億円超え

トップ20にランクインしている企業のうち、累計調達金額が100億円を超えている企業はTBMMobility TechnologiesヘイSmartHRスマートニュースPaidyispaceネットプロテクションホールディングスディーカレットアトナープの10社だ。

また、設立5年以内のスタートアップは、ネットプロテクションホールディングスディーカレットビットキーSODAatama plusmenuの6社で、全社が50億円以上を調達している。

13位にはatama plusが新規ランクインを果たした。同社は、2021年7月21日に既存投資家であるDCMベンチャーズジャフコグループに加え、新たにシンガポールのテマセク・ホールディングス傘下のPavilion Capital、米運用会社大手のT. Rowe Priceなどを引受先とした、シリーズBラウンドによる約51億円の資金調達を実施。

同社は今回の調達を受けて、プロダクト開発の速度をあげるとともに、顧客支援体制を強化することで、より多くの生徒に良質な学習体験を届ける。また、マーケティング活動への投資により、生徒・保護者に対しての「atama+」の認知・利用拡大を目指す。

 

STARTUP DBでは次月以降も引き続き、資金調達ランキングと主要トピックに関する記事リリースしていく。

 

シェアする

Scroll to Top
Copyright © for Startups, Inc. All rights Reserved.