1. HOME
  2. MEDIA
  3. 国内スタートアップ資金調達ランキング(2021年1月-5月)

国内スタートアップ資金調達ランキング(2021年1月-5月)

6社が新規ランクイン、2位には124.9億円調達のSmartHR

6社が新規ランクイン、2位には124.9億円調達のSmartHR

※6/11(金)10:30、シンクサイト、アクセルスペースホールディングスの事業内容が誤っていた為、修正済

2021年1-5月の国内スタートアップ資金調達金額ランキングでは、クラウド人事労務ソフト「SmartHR」を展開するSmartHRが124.9億円の調達を行い、ランキングの2位に躍り出た。また、Mobility Technologies(注1ビットキーシンクサイトマネーツリーアクセルスペースホールディングスが25億円を超える資金調達を新たに実施し、新規ランクイン企業は6社となった。

注1:以前より公表していた調達内容が登記簿に反映されたことによるもの

2013年1月に設立されたSmartHRは、人事・労務の業務効率化と、働くすべての人の生産性向上を支えるクラウド人事労務ソフト「SmartHR」を提供。同サービスは、様々な労務手続きや書類のペーパーレス化や効率化はもちろん、従業員情報の一元管理や、蓄まったデータの有効活用を容易にする。

2020年4月、大企業を中心に社会保険の電子申請が義務化され、今後、中小企業にも適用拡大が行われることで、同社ソフトのさらなるニーズ拡大も見込まれている。登記簿によると、2021年3月から4月にかけて、およそ124億9,500万円の調達を確認。これにより、企業評価額は1,700億円に到達した。

また、2020年5月29日には、商工組合中央金庫よりクラウド人事労務ソフト事業の販路拡大などに必要な資金5億円の融資を受けている。

関連記事:SaaS企業としても、経営者も、チームも魅力的だった。投資家目線で語るSmartHRとは 2021年1-5月の国内スタートアップ資金調達金額ランキングでは、クラウド人事労務ソフト「SmartHR」を展開するSmartHRが124.9億円の調達を行い、ランキングの2位に躍り出た。また、Mobility Technologies、ビットキー、シンクサイト、マネーツリー、アクセルスペースホールディングスが25億円を超える資金調達を新たに実施し、新規ランクイン企業は6社となった。 2013年1月に設立されたSmartHRは、人事・労務の業務効率化と、働くすべての人の生産性向上を支えるクラウド人事労務ソフト「SmartHR」を提供。同サービスは、様々な労務手続きや書類のペーパーレス化や効率化はもちろん、従業員情報の一元管理や、蓄まったデータの有効活用を容易にする。 2020年4月、大企業を中心に社会保険の電子申請が義務化され、今後、中小企業にも適用拡大が行われることで、同社ソフトのさらなるニーズ拡大も見込まれている。登記簿によると、2021年3月から4月にかけて、およそ124億9,500万円の調達を確認。これにより、企業評価額は1,700億円に到達した。 また、2020年5月29日には、商工組合中央金庫よりクラウド人事労務ソフト事業の販路拡大などに必要な資金5億円の融資を受けている。 関連記事:SaaS企業としても、経営者も、チームも魅力的だった。投資家目線で語るSmartHRとは

ブロックチェーン技術を基盤としたスマートロック「bitlock」や暮らしのコネクトプラットフォーム「homehub」を展開するビットキーは、2021年5月にパナソニックのハウジングシステム事業部および、プライムライフテクノロジーズとの資本業務提携を発表。

パナソニックとは、「homehub」とパナソニックが扱う住宅設備や建材商品をつなげることで、住宅市場において、顧客のニーズに対応した商品を開発する目的としている。プライムライフテクノロジーズとは、2022年3月までに「homehub」を基盤としたタウンポータルサイトを開発し、新規の大型分譲での展開を開始する。共有施設予約、住民間のコミュニケーションなどの機能を提供し、様々な製品やサービスとの連携も視野に取り組みを進めていく方針だ。

 

シンクサイトは、AIが駆動するイメージ認識型高速セルソーティング技術(注2)を用いた治療・診断プラットフォームの研究開発を行うスタートアップ。2021年5月19日には、シリーズBラウンドで総額28億5,000万円の資金調達を発表した。引受先は、スパークス・グループシスメックス三井住友トラスト・インベストメント伊藤忠テクノロジーベンチャーズSBIホールディングスなどが参画。これまでの累計資金調達額は、49億300万円となった。

今回の調達を受けて、GC技術(注3)を利用した革新的な治療や検査診断の実用化に向けて、各領域における共同研究を更に推し進めると同時に、GC技術が搭載された細胞分析・分離システムの開発を加速していく。また、事業拡大に伴い人材を拡充し、大きな需要の見込まれる米国市場の事業開発も積極的に進めるという。

注2:超高速・高精度なイメージ認識型のリアルタイム細胞分離システム
注3:同社が独自に開発したイメージ認識型高速セルソーティング技術であるゴーストサイトメトリー技術

 

ランクイン企業のうち、累計資金調達金額100億円越えの企業は5社

今月の資金調達金額ランキングのランクイン企業の設立日と、設立からの累計調達金額は以下の通りである。

トップ20にランクインしている企業のうち、累計調達金額が100億円を超えている企業はPaidy、SmartHR、Mobility Technologies、ディーカレット、TBMの5社である。 また、設立5年以内のスタートアップは、ディーカレット、ビットキー、Legal Force、シンクサイト、アクセルスペースホールディングスの5社で全社が20億円以上を調達している。 今回のランキングで13位に新規ランクインしたアクセルスペースホールディングスは、2020年に設立され、独自開発の超小型衛星を活用した宇宙ビジネスを展開するアクセルスペースの親会社である。子会社であるアクセルスペースは、東京大学と東京工業大学で生まれた超小型衛星技術を使用した世界初の民間商用超小型衛星を含む実用衛星の開発・運用に取り組んでおり、2018年6月には、経済産業省が推進するスタートアップ集中支援プログラム「J-Startup」に採択されている。 2021年4月には、スパークス・イノベーション・フォー・フューチャーが運営する宇宙フロンティアファンドや三井住友トラスト・インベストメントが運営するジャパン・コインベスト3号投資事業有限責任組合、JPインベストメント、三井不動産とグローバル・ブレインが運営する31VENTURES-グローバル・ブレイン-グロースⅠ合同会社、三菱UFJキャピタル、京セラを引受先とした約25億8,000万円の資金調達を実施。同社が構築を進める次世代地球観測プラットフォーム「AxelGlobe」プロジェクトにおいて世界の任意の地点の毎日観測を可能にすることを目指す。 〈企業埋め込みタグ〉 12位に新規ランクインしたマネーツリーは、個人向けの家計管理アプリ「Moneytree」やエンタープライズ向け金融プラットフォーム「Moneytree LINK」を提供している。2021年5月には、GMOベンチャーパートナーズ、任天堂創業家の山内家ファミリーオフィス、Aslead Capital、Fidelity Internationalを引受先とする26億円の第三者割当増資を実施。2012年の創業以来、同社の累計調達金額は58億5,000万円に到達した。 〈企業埋め込みタグ〉 STARTUP DBでは次月以降も引き続き、資金調達ランキングと主要トピックに関する記事リリースしていく。

トップ20にランクインしている企業のうち、累計調達金額が100億円を超えている企業はPaidySmartHRMobility TechnologiesディーカレットTBMの5社である。

また、設立5年以内のスタートアップは、ディーカレットネットプロテクションズホールディングスビットキーLegal Forceアクセルスペースホールディングスの5社で全社が20億円以上を調達している。

今回のランキングで13位に新規ランクインしたアクセルスペースホールディングスは、2020年に設立され、独自開発の超小型衛星を活用した宇宙ビジネスを展開するアクセルスペースの親会社である。子会社であるアクセルスペースは、東京大学と東京工業大学で生まれた超小型衛星技術を使用した世界初の民間商用超小型衛星を含む実用衛星の開発・運用に取り組んでおり、2018年6月には、経済産業省が推進するスタートアップ集中支援プログラム「J-Startup」に採択されている。

2021年4月には、スパークス・イノベーション・フォー・フューチャーが運営する宇宙フロンティアファンドや三井住友トラスト・インベストメントが運営するジャパン・コインベスト3号投資事業有限責任組合、JPインベストメント三井不動産グローバル・ブレインが運営する31VENTURES-グローバル・ブレイン-グロースⅠ合同会社、三菱UFJキャピタル京セラを引受先とした約25億8,000万円の資金調達を実施。同社が構築を進める次世代地球観測プラットフォーム「AxelGlobe」プロジェクトにおいて世界の任意の地点の毎日観測を可能にすることを目指す。

 

12位に新規ランクインしたマネーツリーは、個人向けの家計管理アプリ「Moneytree」やエンタープライズ向け金融プラットフォーム「Moneytree LINK」を提供している。2021年5月には、GMOベンチャーパートナーズ、任天堂創業家の山内家ファミリーオフィスAslead CapitalFidelity Internationalを引受先とする26億円の第三者割当増資を実施。2012年の創業以来、同社の累計調達金額は58億5,000万円に到達した。

STARTUP DBでは次月以降も引き続き、資金調達ランキングと主要トピックに関する記事リリースしていく。

トップ20にランクインしている企業のうち、累計調達金額が100億円を超えている企業はPaidy、SmartHR、Mobility Technologies、ディーカレット、TBMの5社である。 また、設立5年以内のスタートアップは、ディーカレット、ビットキー、Legal Force、シンクサイト、アクセルスペースホールディングスの5社で全社が20億円以上を調達している。 今回のランキングで13位に新規ランクインしたアクセルスペースホールディングスは、2020年に設立され、独自開発の超小型衛星を活用した宇宙ビジネスを展開するアクセルスペースの親会社である。子会社であるアクセルスペースは、東京大学と東京工業大学で生まれた超小型衛星技術を使用した世界初の民間商用超小型衛星を含む実用衛星の開発・運用に取り組んでおり、2018年6月には、経済産業省が推進するスタートアップ集中支援プログラム「J-Startup」に採択されている。 2021年4月には、スパークス・イノベーション・フォー・フューチャーが運営する宇宙フロンティアファンドや三井住友トラスト・インベストメントが運営するジャパン・コインベスト3号投資事業有限責任組合、JPインベストメント、三井不動産とグローバル・ブレインが運営する31VENTURES-グローバル・ブレイン-グロースⅠ合同会社、三菱UFJキャピタル、京セラを引受先とした約25億8,000万円の資金調達を実施。同社が構築を進める次世代地球観測プラットフォーム「AxelGlobe」プロジェクトにおいて世界の任意の地点の毎日観測を可能にすることを目指す。 〈企業埋め込みタグ〉 12位に新規ランクインしたマネーツリーは、個人向けの家計管理アプリ「Moneytree」やエンタープライズ向け金融プラットフォーム「Moneytree LINK」を提供している。2021年5月には、GMOベンチャーパートナーズ、任天堂創業家の山内家ファミリーオフィス、Aslead Capital、Fidelity Internationalを引受先とする26億円の第三者割当増資を実施。2012年の創業以来、同社の累計調達金額は58億5,000万円に到達した。 〈企業埋め込みタグ〉 STARTUP DBでは次月以降も引き続き、資金調達ランキングと主要トピックに関する記事リリースしていく。

 

シェアする

Scroll to Top
Copyright © for Startups, Inc. All rights Reserved.