1. HOME
  2. MEDIA
  3. 国内スタートアップ資金調達ランキング(2020年1-7月)

国内スタートアップ資金調達ランキング(2020年1-7月)

Mobility Technologiesが225億円超の追加資金調達を実施し、2020年の資金調達金額TOPに

国内スタートアップ資金調達ランキング(2020年1-7月)では、Mobility Technologiesが総額225億7,500万円の資金調達を実施し、2020年の累計資金調達金額は266億2,500万円となり、ランキングTOPに躍り出た。また、新たにアンドパッドispaceモンスター・ラボの3社がランクイン。そのほか、先月のランキングでは13位だったLooopが30億円を調達し、4位に浮上となった。

モビリティDXカンパニーMobility Technologiesは、NTTドコモ東京センチュリー電通グループ及び電通との資本業務提携を行い、総額225億7,500万円(注1)の資金調達を実施。2020年累計資金調達金額では266億2,500万円となった。2019年通期での累計資金調達金額でも、200億円を突破した企業はEPARK1社であることから、今回の資金調達の規模が突出していることが分かる。Mobility Technologiesの設立からの累計資金調達金額は、395億2,500万円となっている。今後同社は、スマートシティにおけるモビリティサービスやデータサービスの実現、更には自動運転サービスの実現に向けて取り組んでいく見込みだ。

注1:NTTドコモ      取得総額最大200億円
記載の金額は、NTTドコモによる当初出資100億円に加え、Mobility Technologiesのキャピタルコール行使等によりNTTドコモが追加100億円の出資を実行した場合の合計金額。
東京センチュリー      取得総額15億7,500万円
電通グループ        取得総額10億円

Mobility Technologies中島CEOインタビュー記事

 

Looopは、再生可能エネルギーを中心とした電力小売事業を展開するスタートアップ。発電記録、小売先の利用状況を基にした独自の需給管理システム「Looopでんき」や日本初の自然エネルギーを100%利用したモバイルバッテリー「Looop Charge」などを手掛ける。同社は、2020年4月30日に三菱UFJ銀行を引受先とした30億円のグリーンボンド債(注2)による資金調達を行ったことが明らかになった。加えて、6月30日には28億3,000万円の第三者割当増資を行っており、引受先はENEOSNECキャピタルソリューション双日日本グリーン電力開発、ほか1社の合計6社となっている。

注2:資金用途を再生可能エネルギーの開発など、環境改善効果のある事業に限定した社債。

施工管理・業務管理システムを手掛けるアンドパッドは、既存投資家であるグロービス・キャピタル・パートナーズDNX Venturesセールスフォース・ドットコムBEENEXTの4社を引受先とした40億円の資金調達を実施し、10位にランクイン。今回調達した資金は、人材採用・建設業のデジタル化推進の強化のために充当していく方針だ。

アンドパッド稲田氏&GCP今野氏&DNX倉林氏インタビュー記事

 

民間による月面資源開発に取り組む、日本発の宇宙スタートアップispaceが14位に新規ランクイン。登記簿情報より、29億9,999万円の資金調達をしていたことが明らかになった。同社は今回を含め、創業以来およそ135億7,000万円の資金を集めており、2018年までにシリーズA国内過去最高額となる103億5,000万円の資金調達を実施。また、2020年8月の国内スタートアップ想定時価総額ランキングでは18位にランクインしており、想定時価総額は438億円と、宇宙領域ではアストロスケールホールディングスに次ぐ時価総額となっている。

ispace袴田氏インタビュー記事

 

20位には、デジタルコンサルティング事業やプロダクト事業を展開するモンスター・ラボがランクイン。同社は、全世界に1,200人を超えるメンバーを有するグローバル企業であり、世界15カ国・26都市に拠点を構え、各国の市場に精通している。前回ラウンド調達以降、2020年7月末までに、7つのファンドおよび事業会社を引受先とした約42億円の資金調達を実施したことを発表した。登記簿情報によると、今年に入って調達した金額はおよそ26億円であることが明らかになった。

ランキング上位5社のうち、3社は環境・エネルギーが占める

カテゴリー別では、金融が5社と最も多く、環境・エネルギーが3社、医療・介護とその他の2社がこれに続く。

環境・エネルギー領域では、電力コストの経営課題を解決するVPP Japan、次世代リチウムイオン電池のAPB、前述したLooopが名を連ねた。この3社は資金調達ランキング5位までにランクインしており、いずれも今年に入って50億円以上の資金を集めている。

金融の5社を除いて、突出して社数の多いカテゴリーがないことから、様々な分野の企業が大型調達していることがわかる。

STARTUP DBでは次月以降も引き続き、資金調達ランキングと主要トピックに関する記事をリリースしていく。

 

シェアする