1. HOME
  2. MEDIA
  3. 国内スタートアップ資金調達金額ランキングTOP50(2019年通期版)

国内スタートアップ資金調達金額ランキングTOP50(2019年通期版)

累計調達額100億円超えスタートアップが4社

累計調達額100億円超えスタートアップが4社

今回は、各スタートアップが2019年で調達した累計金額をTOP50でランキングにまとめた。1位は累計調達金額が唯一200億円を超えたEPARKとなっている。

まず注目すべき点は累計調達金額が100億円を超えるスタートアップが2018年はJapanTaxiBlue Planet-worksの2社であったが、2019年は4社あることだ。これには海外投資家が関わっている影響といえる。2019年8月にフロムスクラッチが行った100億円の調達には海外投資家であるKKRが含まれており、Paidyが調達した172.5億円にはゴールドマン・サックスを含む5つの海外投資家からの融資が含まれている。

さらに11位にランクインしているSmartHRも、2社の海外投資家を含む調達で、61億円を集めた。

ランキングの1位から25位で、調達金額の多いスタートアップの領域を見てみると、3つの領域が挙げられる。ひとつ目は、宇宙・製造・研究開発を含めるディープテックだ。ティアフォーをはじめ、SynspectiveMUJINなど合計8社含まれていた。次に多かったのは、フィンテックである。ランキング2位のPaidyをはじめ、ウェルスナビ五常・アンド・カンパニーディーカレットなど合計4社であった。3つ目はSaaSだ。1度に100億円を調達したフロムスクラッチSmartHRウイングアーク1stの3社が含まれている。

これらの領域が2020年どのように成長していくのか、ぜひ注目していただきたい。

最後に、2019年12月に大型調達をした企業をまとめる。

2019年12月に大型資金調達をした企業

イノフィス

調達金額:35億円
引受先:Fidelity International / TIS / トーカイ / ナック / ハイレックスコーポレーション / ビックカメラ / フューチャーベンチャーキャピタル / ブラザー工業 / 東和薬品

装着型の作業支援ロボット(アシストスーツ)を提供するスタートアップ。
同社が販売するマッスルスーツは、空気圧で稼働する人工筋肉のはたらきで動作を補助する機能を備えている。人を抱え上げる、重い物を持ち上げる、中腰姿勢を保つ、といった作業時に腰への負担を低減する効果を発揮し、腰痛の予防、労働環境改善や人手不足対策に貢献する。2019年11月に、さらなる軽量化と大幅な低価格化を実現した「マッスルスーツEvery(エブリィ)」を発売し、従来品も合わせ累計販売台数は5,000台を突破した。

リノベる

調達金額:40億円
引受先:NTT都市開発

中古住宅をリノベーションするために必要な「物件探し・設計・施工・ローン」を一括で担うプラットフォームの作成及び運営をしているスタートアップ。
個別性の高いリノベーション工事において関係者間のコミュニケーションをより円滑にすることを可能にする施工管理アプリ「nekonote」をリリースし、工事に関するすべての情報を一括で管理するサービスの提供している。

INFORICH

調達金額:30億円
引受先:Chartwell Capital / GMCM Venture Capital Partners / ゴールドマン・サックス / ホリプロ / 日本郵政キャピタル

2015年に誕生したマーケティングに特化したスタートアップ。
2019年2月に始まった注目事業である「ChargeSPOT」の特徴は、スマートフォン用充電器を各地のバッテリースタンドで貸し出し、返却を行えることだ。充電器には3種類のケーブルがあり、Micro USB・USB Type-C、Lightningを備えている。2019年12月現在の国内シェアは97%にのぼる他、既に海外では4カ国にも進出済み。過去の事業には、2016年に展開したPicSPOT、2018年にはLiftSPOTというエレベーターの空間づくりを提供するサービスがある。

 

シェアする