1. HOME
  2. MEDIA
  3. 国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2019年1〜9月)

国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2019年1〜9月)

2019年9月から連載が開始した「2019年度国内スタートアップ資金調達金額ランキング」。1ヶ月間という短期間でも国内スタートアップ市場は動きが起きている。

本記事では、先月からどのような動きがあったのか、見ていきたい。

大型調達200億円越え。EPARKが新規ランクインでトップに

店舗や施設向け送客・予約プラットフォーム「EPARK」の開発を行なうEPARKが9月に200.6億円の調達をし、2019年1月〜9月までの期間でもっとも資金を集め、ランキングトップとなった。次いで、前回のランキングのトップであったマーケティングプラットフォーム「b→dash」の開発を行なうフロムスクラッチが100億円、「Autoware」を活用した自動運転システムの開発をしているティアフォーが90.2億円、小型SAR衛星「StriX」の開発を行うSynspectiveが86.7億円と続く。

また今回、睡眠中の園児たちを見守るヘルスケアサービス「ルクミー午睡チェック」などを運営するユニファも35億円の調達を実施し、ランクインした

新規ランクイン企業

▼EPARK
調達金額:200.6億円
引受先企業:SBIキャピタル

順番待ち予約ができる「EPARK」の開発を行なっており、飲食店、歯科、薬局、マッサージ・リラクゼーションサロン、整体、美容室やサロン、トリミングサロン・動物病院・ペットホテル、など多岐に渡る店舗で利用することが可能。

▼ユニファ
調達金額:35億円
引受先企業:INCJ / SBIインベストメント / SMBCベンチャーキャピタル / アフラック・コーポレートベンチャーズ / エムスリー / リンクアンドモチベーション / 三菱UFJキャピタル / 凸版印刷 / 新生企業投資 / 日本郵政キャピタル / 第一生命保険 / 豊島

IoTを使った保育施設向けのフォトサービス「ルクミーフォト」を提供。保育士が撮る子供の写真を保護者がパソコンやスマホ等で閲覧可能。また、午睡チェックサービス「ルクミー午睡チェック」、誰でも園児の体温の変化を素早く検知できる「ルクミー体温計」、園内見守りロボット「MEEBO」、保育士転職サイト「hoily」も提供している。全国の約6,250施設・約35万人(2019年8月時点)の乳幼児を対象にサービスを提供している。

シェアする