1. HOME
  2. MEDIA
  3. 不正注文検知サービス「O-PLUX」を提供、かっこのIPOサマリー

不正注文検知サービス「O-PLUX」を提供、かっこのIPOサマリー

統計学や機械学習などの技術を活用した不正検知・データサイエンスサービスなどを提供するかっこ株式会社(以下、かっこ)が東京証券取引所マザーズに上場承認された。承認日は2020年11月13日で、同年12月17日に上場を果たす。

かっこは「未来のゲームチェンジャーの『まずやってみよう』をカタチに」という経営ビジョンを掲げ、企業の課題解決やチャレンジを支援するSaaS型アルゴリズム提供事業を展開している。2011年1月の創業からおよそ10年での上場となる。

本記事では、新規上場申請のための有価証券報告書の部の情報をもとに、同社のこれまでの成長と今後の展望を紐解いていく。

売上高は継続して成長、営業利益も黒字を維持

上図は過去5年間の売上高と営業利益の推移である。2019年12月期の売上高は2015年12月期の1.7倍に成長している。2020年9月期は既に前年度の83%を達成しており、さらなる成長が見込まれる。

また、2020年9月期では営業利益が1億2,834万円に達し、営業利益率が20%に到達した。

SaaS事業を支える3つのサービス

同社は、SaaS型アルゴリズム提供事業の単一セグメントである。同社が展開するサービスの種類と特徴は以下の通りである。

(1)不正検知サービス

①不正注文検知サービス「O-PLUX」
ECにおける注文データを分析し、代金未回収となり得る注文をリアルタイムに検知するSaaS型の不正注文検知サービス。データサイエンスの技術で独自の検知モデルを構築し、日本語独特の表記ゆれを名寄せする正規化機能(注1)や、IPアドレスやCookie、言語設定など、注文のあった端末を特定するデバイス認証機能を搭載。単純なブラックリスト照合や担当者の目視による審査ではなし得なかった検知精度を実現している。
②不正アクセス検知サービス「O-motion」
会員サイトなどで、本人になりすました不正なアクセスをリアルタイムに検知するSaaS型の不正アクセス検知サービス。独自のデバイス情報や操作情報を駆使した不正判定によって、User Agent(注2)、Cookieなどを用いた従来型の検知では判別しきれなかった不正の検知も可能にしている。2019年6月から施行された「チケット不正転売防止法」における、不当なチケット買い占めによる高値転売の対策として、金融機関や大手チケットサイトなどに導入されている。

注1:表記の異なる同一情報(例えば、「赤坂一丁目5番31号」と「赤坂1-5-31」)を一定のルールに基づいて変形し、表記を揃える機能
注2:ブラウザがWebサーバーに対して自動的に通知しているブラウザの種類やバージョンやOSの種類やバージョンなどの情報を組み合わせた識別子。

(2)決済コンサルティングサービス
後払い決済を提供する決済事業者に向けた決済システムの提供と後払い決済事業の立上げ・運用のコンサルティングを行うサービス。後払い決済の審査エンジンとして「O-PLUX」を活用し、後払い決済の構築をワンストップで支援している。

(3)データサイエンスサービス
マーケティングや業務生産性などの課題に対して、企業の保有するビッグデータを、AIや統計学、数理最適化などのデータサイエンスに基づいて分析しアルゴリズムを開発・提供するサービス。

不正検知に対する社会的要請の高まりが「O-PLUX」のニーズを高める

経済産業省が2019年に行った「令和元年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(電子商取引に関する市場調査)報告書」によると、消費者向け電子商取引(BtoC-EC)市場は、前年比7.65%増の19.3兆円となり、依然として高い成長率を維持していることがわかる。また、株式会社矢野経済研究所の「オンライン決済サービスプロバイダーの現状と将来予測2020年版」によると、2018年度の後払い決済市場の市場規模は、前年度 比30.0%増の5,720億円となっている。

EC市場の継続的成長やオンライン決済における不正被害の急増、法規制などの不正対策に対する社会的要請の高まりの影響から、主力製品である「O-PLUX」のニーズは一層高まると同社は考えている。今後の更なる成長に向けた施策として、アライアンスの強化やサービス領域の拡張、後払い決済事業者への導入促進と長期利用継続の維持をあげている。

重要経営指標として、「O-PLUX」のストック収益を明示

経営上の目標の達成状況を判断するための指標として、売上高の継続的かつ累積的な増加を実現するため、「O-PLUX」のストック収益の金額を重要指標としている。

当該指標については、上図のとおり継続的に増加している。2020年12月期第3四半期累計期間末の「O-PLUX」のストック収益は、既存顧客の持続的な成長やオウンドメディアの立ち上げなどのマーケティング活動による認知度向上、新規顧客開拓の結果、前年同期比の112.7%の水準となっている。同社は、この進捗を順調な推移であるとしている。

今後の成長の鍵は、「O-PLUX」の品質向上

同社は事業上の対処するべき課題として、以下の4つを挙げている。

①優秀な人材の確保及び教育研修などの強化による社員の能力の維持・向上
②製品開発投資の促進
③かっこ及び同社サービスの認知向上
④内部管理体制の強化

不正の多様化や複雑化によって、不正検知に求められる精度や品質がより高度化していくと予測している。今後の成長性の確保、競争優位性を高めるために、主力製品である「O-PLUX」の高機能化と新機能開発を進める方針だ。

VCを中心に、累計67,920万円の資金調達を実施

これまで7回の資金調達によって累計6億7,920万円の資金調達を実施したことがわかる。出資元には、三井住友海上キャピタルSMBCベンチャーキャピタルみずほキャピタル静岡キャピタルSBIインベストメント日本ベンチャーキャピタルなどのベンチャーキャピタルが名前を並べた。事業会社では、唯一GMOペイメントゲートウェイが参画している。

想定時価総額と上場時主要株主

上場日は2020年12月17日を予定しており、上場する市場は東証マザーズとしている。

今回の想定価格は、1,890円である。調達金額(吸収金額)は5.4億円(想定発行価格:1,890円×OA含む公募・売出し株式数:287,500株)、想定時価総額は、48.8億円(想定発行価格:1,890円×上場時発行済株式総数:2,582,081株)となっている。

公開価格:2,020円
初値:7,890円(公募価格比+5,870円 390.5)
時価総額初値:203.72億円

※追記:2020年12月18日

筆頭株主は、同社代表取締役の岩井裕之氏であり、19.66%を保有する。次いで、岩井氏の資産管理会社であるSymbolキャピタルが17.48%、執行役員の中沢雄太氏が9.31%を持つ。

そのほか、SMBCベンチャーキャピタル1号投資事業有限責任組合を運営するSMBCベンチャーキャピタル、みずほ成長支援投資事業有限責任組合を運営するみずほキャピタル、Fin Techビジネスイノベーション投資事業有限責任組合を運営するSBIインベストメント、MSIVC2012V投資事業有限責任組合を運営する三井住友海上キャピタルなどのベンチャーキャピタルが多く参画している。

※本記事のグラフ、表は新規上場申請のための有価証券報告書の部を参考

 

シェアする

TOP to Scroll
Copyright © for Startups, Inc. All rights Reserved.