1. HOME
  2. MEDIA
  3. 【ウェルスナビ柴山和久CEO】東大卒、財務省・マッキンゼー出身の起業家が描いた、「人生をかけても成し遂げたい」ただひとつの夢

【ウェルスナビ柴山和久CEO】東大卒、財務省・マッキンゼー出身の起業家が描いた、「人生をかけても成し遂げたい」ただひとつの夢

ウェルスナビ 柴山和久 人生をかけても成し遂げたい」ただひとつの夢

誰もが世界水準の資産運用がすべて自動でできる。そんな世界を描くために生まれたサービスがあることをご存知だろうか。ウェルスナビ株式会社(以下、ウェルスナビ)が提供するロボアドバイザー「WealthNavi」だ。

これまで一部の富裕層や機関投資家などに限定されていた資産運用のノウハウを、アルゴリズム化し全自動にすることで、誰もが自由に資産運用ができるようになる未来をつくり出している。

新卒で大蔵省(現 財務省)に入省、その後、マッキンゼーでの就業経験を積んだ代表取締役CEOの柴山氏。一見、経歴は華々しく見える。しかし、その裏側には数多くの苦悩が隠されていた。

今回は、柴山氏のこれまでのキャリアを追いながら、彼が抱えた苦労と挑戦の数々に迫った。

「この人たちと働きたい」で選んだ、最初のキャリア・大蔵省

ウェルスナビ柴山和久 最初のキャリア・大蔵省
■柴山和久(しばやま・かずひさ)
 ーウェルスナビ株式会社代表取締役CEO
東京大学法学部、ハーバード・ロースクール、INSEAD卒業。ニューヨーク州弁護士。日英の財務省で合計9年間、予算、税制、金融、国際交渉に従事する。その後、マッキンゼーでは、ウォール街に本拠を置く機関投資家を1年半サポートし、10兆円規模のリスク管理と資産運用に携わる。次世代の金融インフラを構築したいという想いから、2015年4月にウェルスナビ株式会社を創業。

東京大学法学部を卒業後、新卒で大蔵省への入省を決断した柴山氏。

周囲は研究者を目指す人材が多いなかでの公務員の選択を、柴山氏はどのように捉えているのだろうか。

柴山 「すごく漠然としていますが、 “世の中の役に立つ仕事がしたい”思いはありました。だからといって公務員をずっと目指していたわけではなくて。むしろ、気づいたら公務員になっていた、というほうが現実には近いですね」

気がついたら公務員になっていた。そう語る柴山氏の学生時代は、とにかく「興味の幅が広い青年」だったという。

柴山 「普通であれば、ゼロか一つの選択になるゼミですら、4つも履修しているほど自分の興味が絞れていませんでした。さまざまな道があるなかで、あるとき教授に突然呼び出されて。『租税法の研究者をやらないか』と誘われたんです。そして、『研究者を選ばないなら大蔵省に行きなさい』と」

たまたま教授の弟子が自身の先輩だったことで、繋がった縁だったという。初めて進路として示された大蔵省。興味が湧いて調べてみたが、業務内容の全貌はほとんどわからなかった。

ウェルスナビ柴山和久 世の中の役に立つ仕事がしたい

柴山 「国の仕事なので、調べても正しい情報なんてなかなか見つからなかったんです。でも、教授が“研究者か大蔵省”なんて二者択一を提示するなんて不思議じゃないですか。きっとなにかの理由があるのだろうと考えて、公務員試験にギリギリで申し込みを行いました」

公務員試験、約1ヶ月前の出来事だった。書店で購入した参考書をもとに試験対策に臨んだ結果、なんと試験には一発で合格。官庁訪問と呼ばれる面談に進んだところで、大蔵省で働く姿がイメージできたと語る。

柴山 「大蔵省を訪問して話を聞いたときに、そこで働くイメージが湧いたんです。どんな業務に携わっているのかもそこで初めてわかって。そして、誠実な人たちが真摯に働いている姿を目にしたことで、『この人たちと一緒に働いたら楽しそう!』と素直に感じました」

「必要とされない苦しみ」と、マッキンゼーで感じたリスクを取れる強み

マッキンゼー出身 ウェルスナビ代表取締役CEO 柴山和久

2000年の入省後、9年間勤めた大蔵省の退職は、国際結婚で生じた、働き方に対する夫婦間での意識の差にあったという。

柴山 「2006年に交換人事でイギリスの財務省に出向していたのですが、国際結婚がきっかけで退職を決めました。
日本とイギリスとでは、同じ仕事をしているはずなのに働き方がまったく異なるんです。イギリスでは、子育て中の職員を考慮して、10時以前と16時以降のミーティングは禁止で夜遅くまで働くことはありません。一方、日本では全然違いました。夜遅くまで帰ってこない私に対する、妻からの問いにロジカルに返答することができず……家庭と仕事との二者択一になり、退職を選びました」

大蔵省を退職後、フランスのビジネススクールへと留学をした柴山氏。

卒業後、再就職を希望したものの、半年ほどまったく採用のオファーがなかったという。

柴山 「最終的にはマッキンゼーからオファーをもらいます。ですが決して、マッキンゼーに入社したいと熱望していたわけではないんです。マッキンゼーも労働時間が長い企業なので。でも、世界中の30を超える企業に応募をしたのにも関わらず、どの企業にも雇ってもらうことができなかったんです。
だんだんと、世の中で必要とされないんじゃないかという気分になりました。
仕事が見つからないことよりも、応募しても面接をしてもらえない、面接をしてもオファーがない、つまり必要とされていない感覚になることがとにかくつらかったですね。
ただ、今となっては理解できる部分もあります。採用する側に立ってみたら、なにをしたいのかわからない人材を雇うのは、リスクの大きいことですから。マッキンゼーは、自社の育成プログラムへの自信がとにかくすごい。だから、リスクがあるように見えても育成できると考えたのだと思います。本当にありがたかったですね」

マッキンゼー、自社の育成プログラム ウェルスナビ柴山和久

マッキンゼー入社後は、イギリス・韓国・東京・ニューヨークを巡った。当時関わった資産運用のプロジェクトは、今のウェルスナビの根幹とも言える。

採用されない苦しみを経験した柴山氏に「今のキャリアに悩んで転職を迷っている人にアドバイスを送るとしたら、なんと言う?」と編集部は質問を投げかけた。柴山氏の答えはこうだ。

柴山なんとかなる、と答えるでしょうね。絶対に言われたくない言葉であることはわかっていますけれど(笑)
解決策を提示するとしたら、力をつける・養う時間が必要だと言いますね。最初から興味がある仕事ではなかったとしても、良い上司に恵まれたり仕事を覚えた瞬間はやりがいに繋がりますし、その先に成果が付いてくるならそれはもっと素敵なことです。だんだんと、仕事に対する姿勢がポジティブに転換していくと思いますよ」

「本当にやりたいこと」から逆説的に考えて決めたのが、起業だった

ウェルスナビ柴山和久 本当にやりたいこと

長らく起業を視野に入れて企業でキャリアを積む人と、起業を念頭に置いたキャリア設計をしていなかった人。起業家と呼ばれる人々には、どちらの人種も存在する。

柴山氏は、後者だった。

柴山 「起業しようと特別意気込んでいたわけではないです。むしろ、ふと『起業しよう』と思い立った瞬間があり、その3週間後には起業していました」

きっかけは、これまでにもあらゆるメディアで語っている「家族内での資産の格差」だったという。

柴山 「テクノロジーの力で、海外の富裕層が行なっているような資産運用をできるような仕組み・社会をつくりたいと思ったのが、起業の始まりです。
当時はマッキンゼーで機関投資家のコンサルタントを務めていたので、クライアントに提案してプロジェクトとして進める道もありました。しかし、業界を知っているからこそわかる、計画にかかる時間の長さの問題があって。それなら、自分でやってみようと思ったんです。
今までとはまったく異なる、『家族内の問題をなんとかしたい』『こんなサービスが世の中にあればいいのに』といった、自分の純粋な欲求から生まれた選択肢でした。社会人を15年経験してきて、手段を問わずにやりたいことを見つけた初めての瞬間です」

この選択に、一切の迷いが無かったと語る柴山氏。

自分自身のキャリアにおいて、これからどの選択肢を選ぶべきなのかと悩む人は少なくない。このような悩みを抱えたとき、柴山氏はいったいどのように決断をくだすのか。

柴山 「正解はひとつではないと思います。自分が本当にやりたいことやサポートしたいこと、最初に自分がその選択肢を選んだ理由をしっかりと考えることで、選ぶ道は見えていくはずなので。
もしも今の状態に対してなんらかの閉塞感を抱えているのであれば、原因が自分自身にあるのか、企業や他者にあるのかを冷静に見つめることも必要ですよね。閉塞感は、自分自身のフラストレーションを鏡に映しているだけですから」

ウェルスナビ柴山和久 メッセージ

それでは最後に、新しく会社を創業するであろうこれからの起業家、今までとは異なる環境を求めてスタートアップへの転職を検討している方に向けて、柴山氏からのメッセージを伺った。

柴山 「起業してみて一番に感じるのは、自分ひとりでできることなんてほとんどないのだということ。起業したてのときはすべてを自分で解決しないといけないですが、ステージが変わると行動も考えも180度変えなければならないこともありますしね。
そして、なによりも変革はリーダーが起こすわけでないのだということを知るべきですね。スタートアップにおいて起業家はリーダーですが、付いていくフォロワーの役割はむしろ大切ですから。起業の際は、リーダーと一緒に走り続けられる人の存在を意識しておくと良いと思いますよ」

執筆;鈴木しの
取材・編集:Brightlogg,inc.
撮影:三浦一喜

 

※現在ウェルスナビでは採用強化をしております。

シェアする