1. HOME
  2. MEDIA
  3. Alibabaの1Q決算レポート、同社の事業の展望とは

Alibabaの1Q決算レポート、同社の事業の展望とは

Alibabaの1Q決算レポート、同社の事業の展望とは

2018年8月23日、1Qを終えたAlibabaは第一四半期決算を発表した。

業績ハイライト

【2018年1Qの主な実績】
└総売上高:122億2900万ドル(前年同期比61%増)
└営業利益:12億1200万ドル(前年同期比54%減)
└当期純利益:11億5600万ドル(前年同期比45%減)
https://www.alibabagroup.com/en/news/press_pdf/p180823.pdf

営業利益54%ダウンも、売上61%増、ユーザー数も伸ばし好感触のAlibaba

Alibabaの第一四半期決算は、「優れた四半期」と同社は評価した。Alibabaは、営業利益約12億ドルと、前年同期比54%下落したものの、売上高は61%成長を達成。さらにコマース事業のMAUは、前年同期の5億2,900万人から6億3,400万人にまで増加した。

アリババの売上高の構成比を見ると、約85%は「Taobao」など、Core Commerce事業からの売上高が占めている。また、前年同期比93%の急成長を遂げたCloud Computing事業は、売上構成比では全体の約6%となった。

2018年第一四半期の決算では、営業利益が54%下落した。原因にあるのは、ECの物流を担う菜烏網絡(CAINIAO)の連結化、フードデリバリーサービスを提供するEle.meの子会社化にあるという。

今回の決算を、同社は決算資料の冒頭部分で以下のように述べている。

「Alibabaは、ユーザの大幅な拡大とより堅牢なエンゲージメントにより、とても優れた四半期を終えることができました。当社の中国小売市場の事業は、新しい小売りの取り組みがさらに収益成長を駆動しました。さらにシームレスに顧客にサービスを提供するために、当社の小売パートナーを有効にすることで、シェアを獲得し続けています。

私たちは、デジタルエンターテイメントと地域サービスの提供により、消費に沿ってより多くの価値と選択肢をユーザーに提供するという計画を実行しています。」

(中略)

「私たちは、61%の収益成長率だけでなく、強力な利益成長と別の偉大な四半期を達成しました。私たちは、このような大きな規模での事業の強さと急速な成長に満足しています。」

ビジネスハイライト – 主な事業

Alibabaの1Q決算レポート、同社の事業の展望とは

本章では、それぞれの事業についてのAlibabaの発表の原文を翻訳した。

淘宝網(Taobao) – 強力なビジネス開発によって支えられた強力なエンゲージメントとユーザーの成長。

2018年6月には、Taobaoのアプリケーションで引き続き強力なユーザー獲得活動を行い、四半期で1,700万人の純増となりました。またこの結果、当社の中国小売市場のMAUは合計6億3,400万MAUとなります。検索結果と、Taobaoのパーソナライズされたレコメンド機能の継続的な継続的な改善により、Taobaoの四半期の流通総額は成長しました。また、年間のアクティブ消費者は、12ヶ月間から2,400万人増加しました。アクティブユーザーの増加は、当社が提供する商品を広げたことにより、より低い階層の都市からのものでした。

Taobaoは、淘宝網のライブ動画メディアである、ライブブロードキャスト機能を持っています。商品を販売するブランドは、顧客に対して、ライブ動画を通したプロモーションを行うことができます。 2018年の1Qでは、ライブ放送のMAUは前年比で100%以上成長しました。

8月上旬には、消費者を強化するための新しいロイヤルティ会員プログラム「88VIP」を開始しました。「88VIP」では、Tmall Supermarket、Tmall Global、およびブランドストアなどのAlibabaのエコシステム全体で、割引購入などの会員特典を得ることができます。

Tmall  – B2Cのシェア獲得。

Tmallは引き続きシェアを獲得し、B2C市場を拡大しました。未払い注文を除くと、流通総額は四半期で前年比で34%増加しました。
堅調な成長は、コンバージョン率の継続的な上昇と日曜消費財、家電、アパレル、家庭用品の個人消費の上昇により達成されました。
第1四半期には、MCM、Moschino、Giuseppe Zanottiなどの国際ブランドが、Tmallにフラッグシップショップを立ち上げ、プレミアムショッピングのLuxury Pavilionにも加わりました。

クラウドコンピューティング
クラウドコンピューティングの収益は、高付加価値サービスの成長により、前年度比93%増の7億1,000万ドルとなりました。
2018年の第1四半期では、Alibaba Cloudは、ビッグデータ分析、人工知能、セキュリティ、およびインターネット・オブ・ソーズのアプリケーションに集中してきました。
また私たちは、顧客との関係を深める一環として、迅速で費用対効果が高く安全なデータを得るための製品を発売しました。

例えば、オンサイトのデータセンターからパブリッククラウドへの移行においてLightning Cubeは、ペタバイト規模のデータの連続的な移行を可能にするクラウド移行ソリューションです。

デジタルメディアとエンターテインメント
私たちは、エンターテインメントを消費者に提供するための戦略を実行しています。商業を超えてコマースとエンターテインメント事業の相乗効果により、ユーザーエクスペリエンスを向上させると同時に、顧客のロイヤルティとサブスクリプション収入を期待できます。この四半期中、YoukuはChina Central Television(CCTV)と提携し、2018年のFIFAワールドカップを中国で数百万のファンに提供しました。トーナメント中、Youkuユーザーは1億8,000万モバイルデバイスやスマートテレビを含む数百万のユニークなデバイスからコンテンツを視聴しました。Youkuは、 Alibaba Cloud独自のテクノロジーにより、高解像度と低遅延を実現し、Youkuでのワールドカップ試合のライブストリーミング、ピーク時の同時視聴者が最も多い中国新年のプログラムを提供しました。前年第4四半期には、進行中のビデオコンテンツの提供の改善により、年間平均加入者数は前年比200%増となりました。

イノベーションイニシアチブと技術開発
私たちのAI搭載音声アシスタントであるTmall Genieは、丁度一年前の公式発表以来、500万台の販売を達成しました。Tmall Genieは、Alibabaエコシステムによって、提供されるサービスとお客様をインタラクティブに接続します。私たちは、家族向けの教育コンテンツや娯楽のコンテンツに焦点を当てることで、Tmall Genieのユーザーベースを広げ、係合レベルを向上させます。 Tmall Genieは、IoTとスマートホームによって、顧客と新しいサービスや商品をつなげることを目指します。

中国を主戦場に、世界も取りに行くアリババ

Alibabaの1Q決算レポート、同社の事業の展望とはAlibabaは、世界時価総額ランキングでも7位に君臨し、巨大テクノロジーカンパニーとして認知されるようになった。

今後は、その巨大なAlibaba経済圏を強みに、中国国外への進出を目指す。売上高、ユーザー数を大きく伸ばし続けるAlibaba、今後は世界を取りに行く。

シェアする